東工大フェンシング部 非公式blog 墜ちた星 めざめよと呼ぶ声あり 忍者ブログ
ブログの形をしたプロパガンダwww
[200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大会までTwitterで一日一個Xenogearsのサブタイトルをつぶやいて
それに一日一日当てはめて遊んでました。
貧しい!(病気ですね)

サブタイトルというのはドラクエ4やmother3でいう章立てのようなものです。
上2作品ほど節目がはっきりしていないのですが
数は全部で50近くあり、セーブすると気が付いたら変わっていたりします。
大半が中二病臭いものなのですが仕方ないですよね

一昨日のサブタイトルは「墜ちた星 めざめよと呼ぶ声あり」
ラストの一個手前です。

この章で起こったことに匹敵する事件が起こりました。
こんなことになるとは思ってませんでした。
まあタイトルの通り誰かがめざめてればいいと思います。

こう書くと
「何でもXenogearsにあてはめやがってくそ信者」
と云われてしまいそうですが
実際こうも一致することというのは珍しいことではないと思います。

我々の引退にしろ、Xenogearsのラストにしろ何かの終わりというカテゴリーに分類される事象です。
Xenogearsは人類が神から独立して行く様を主人公の内面的な成長と合わせて描いた物語で
スケールが全然違うので似ているとか騒いでいると結果残せなかった時すごく恥ずかしいんですけど

それぞれ単純なイベントの連続した論理構造に落として考えるだけで似ていると考えやすくなる。
つまりは何かの終わりの前にはこういう経過を取りやすいっていうことになるんでしょうねー

これだけ書くと「うわこいつゲームに当てはめるのかよきめぇ」となるので
一応実例を上げると自分の専攻の生物考える際この考え方が応用できます。
生物は何らかのルールで遺伝暗号を読んでその指示に従うような一連の制御体系なのですが
いわゆる過去の分類学の積み重ねで見た目から似ていると判断されたものが
遺伝暗号の文字列読んでみるとなるほど確かに一致しているとかそういう話があったりします。

まあしかし適当にやってて日付まで一致したのはちょっと驚きました。
大会までで全サブタイトルを消化するように逆算して数えていたらまさかの一致です。
元々自分にとってかなり縁の深いゲームだっただけに数える価値のあったと言うものです。


さて・・・最後のサブタイトルは

「全ての始まりにして終わりなるもの」

全国大会程度が全ての始まりと終わりになったらまあ当然色々困るんですが!
我々にとって最後の舞台であることに変わりはありません。頑張りたいと思います!

(いやむしろ全国大会を皆さんの全ての終わりにするということもできてだな・・・)
まあ変なこと書いて捕まる前にこの辺で切らせていただきます。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
タイトル
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Re:墜ちた星 めざめよと呼ぶ声あり
久しぶりに厚美さんらしさが表れたブログですね
NONAME@ 2012/08/20(Mon)20:20:25 編集
Re:墜ちた星 めざめよと呼ぶ声あり
これはなかなかの名作
主務 2012/08/20(Mon)21:37:30 編集
無題
いままでで5指にはいる名作
NONAME 2012/08/21(Tue)17:04:02 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
伝説の記事
最新CM
[08/23 NONAME]
[08/23 NONAME]
[03/26 元ベネちく]
[03/25 かなぐ]
[03/12 宴会部長だった人]
プロフィール
HN:
愉快な仲間たち
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]