東工大フェンシング部 非公式blog 理解することすらできない 忍者ブログ
ブログの形をしたプロパガンダwww
[230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。主将です。

昨日は毎年恒例のOB戦がありました。

開始2時間前になって主務(青チャ)が体育館使用届を支援課に提出していないことが発覚した以外は順調に進んだと思います。

かく言う私も主務の時に大切な書類を提出し忘れて(提出期限を切れた後に存在に気付く)部を潰しかけたのであまりボロクソに叩けませんが。
それに体育館使用届には主将の捺印が必要なので、意識していれば僕が気付くこともできたわけです。

とは言ってもですね、そんなところまで頭を回すのはおかしな話です。主務の仕事のことは主務が主体的にやってもらわないと。
もっとも、責任を問われるのは私な訳ですが。

主将をやっていると色々なことを思い知らされますが、兎角組織のトップは責任というものに終始付き纏われますね。
部下の失態も自分の失態になってしまいます。
難しいね。



さて試合内容ですが相変わらずクソでした。体動かねーよ

武田が健闘してましたね。フルーレ1位の座を手にしました。おめでとう。お疲れ。←



そういえば今回は創部2代目の超超大御所OBさんがいらっしゃいました。
(シニアの大会ですが)JAPANでした。手速すぎワロタってか動きまじぱねぇ

別の大御所OBさんからうちの部の存在(存続)を聞いて久々にいらっしゃったということです。「まだ続いてたんだ笑」

打ち上げで色々現役時代のお話を頂きました。なんと審判器は自作したものを使っていらしたそうです。流石東工大(あれ?俺ら…
何事でも最初に始める人は大変ですね。そうした先輩方々の苦労約50年分が今の自分に受け継がれているのかと思うと改めて身が引き締まる思いです。


ちなみに、なんでも私の専攻(生命工学)に近しい分野のお仕事をなされていたらしく、色々お話を頂きました。
atmさんもっちーさんとも話に華が咲くと思います。


今回もOBさん方々から多大なる金銭的な支援を頂きました。またJAPANの方にはレッスンをとってほしいという申し入れを快く受け入れて頂きました。
本当に有難う御座いました。こうした支援のもとで練習を行えているということを改めて感じた1日となりました。


さて、なんて真面目な記事なんでしょう。クソ記事ばかり書いていた私の記事とは思えないね。
ってことで続きの方では久しぶりに泥酔したtkdのことでも書こうと思います。


拍手[4回]


奴は打ち上げ一次会が終わった時点でかなり酔ってたよ。あの時点でかなりやばいと思ってたんだけどね、なんと驚いたことに、社会人OBさんしか参加しない二次会に付いて行ったんだ。

―誰も止めなかったのか?

止めなかったどころかその逆さ。現役の連中は奴に二次会に行くよう嗾けたんだ。あいつは嫌がっているように見えた…もっとも、本気で嫌だったら部室に戻っただろうし、その場のノリで行ってしまったんだろうね。

―二次会は何時間ほど続いた?

そうだね、一次会が終わったのが8:30、二次会組が帰ってきたのは11:20位だったかな。大体2時間弱だね。

―その間二次会に参加しなかった面子は何をしていた?

部室でだらけてたさ。スマブラをしたり、だべりながら菓子を食べたりしてね。珍しいOBさんがひょっこり現れたりして盛り上がってたよ。誰も奴のことなんて気にも留めてなかったみたいだ。

―彼が部室に戻ってきた時の様子は?

明らかに様子が変だったね。まともに立っていることも辛そうだったし、口調が普段の奴のそれとは明らかに違ったし。Tシャツを3枚も重ね着したりもしてたな。

―それを見て周りは介抱しなかったのか?

最初は辛そうには見えなかったのは確かだ。それでみんな、面白がって茶化すことしかしなかったんだ。まさかあの後、あんなことになるなんて。

―彼の容体が急変したのはいつ頃?

零時を回って少しだったかな。それまで騒いでいたのに、急に気分が悪いと言い出したんだ。

―それを見て周りは?

無関心、というか、そのことに気付いてない連中が多かったね。誰かが枕と布団を持ってきてやって、奴はそこで寝てしまった。

―…それから?

翌日の朝だ。部員の一人が奴を起こそうとしたら………。急に慌て出すから何かと思ったら、体が冷たいって。それでみんな慌てて。誰かが救急車を呼んだ。20分ほどで到着したかな。そのまま奴は病院に連れていって……。でも…まぁ…そういう経緯だね
悲しい話だよな。誰一人として、あいつに気をかけなかったんだ。まさかこんなことになるなんて…



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この話はフィクションです。実際の状況とはかなり異なります。具体的言うと、彼は死んでいません。普通に酔って寝ただけです。吐いてすらいません。朝には起きました。どうしてこうなった

僕の誤算はを酔っ払わせたことでロクに寝られない部室で一夜を明かさなければならくなったことですかね。
明後日試験です。
PR
この記事にコメントする
タイトル
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
殺されてしまった…
tkd 2013/02/10(Sun)12:51:59 編集
Re:理解することすらできない
はっちゃけてんなーtkd
NONAME 2013/02/10(Sun)20:04:06 編集
<< 試験終了 HOME >>
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
伝説の記事
最新CM
[08/23 NONAME]
[08/23 NONAME]
[03/26 元ベネちく]
[03/25 かなぐ]
[03/12 宴会部長だった人]
プロフィール
HN:
愉快な仲間たち
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]